入会のご案内

 知的オフィス環境推進協議会は、オフィス環境を研究し、企画し、設計し、製作し、導入し、施工し、保守することに関わるすべての関係者が集い、そこで活動するすべての人の活力と知的生産性を高め、健康を維持し、ストレスを軽減する次世代の知的なオフィス環境を創造してゆくための情報交換の場です。

 これまで知的オフィス環境コンソーシアムの6年間の活動を通して見えてきた知的オフィス環境の将来像を実現させる技術と方法、および知的照明システム推進協議会の1年間の活動を通じて分かった知的な照明システムの研究・企画・設計・製造・施工・保守・普及などを行う課題などに関する知識を基に、知的オフィス環境に関する新たなステージの活動を行う組織が知的オフィス環境推進協議会です。

 ”知的”とは、環境に対応して生物が生存のために最適な状態に変化し、最適な動をとる性質を指します。人間の賢さも同じで、広義の生存、すなわち生物的、社会的、経済的、および精神的生存を確保するために、毎日生じる多くの問題を解決する知恵が賢さです。こうした生物の賢さはすべて進化の結果として獲得されたものです。

 一方、人が作った人工物やシステムも、最近は”知的”になってきています。この知的性質は生物の場合と同じであり、環境に適応して自身の状態やアクションを変化させ、それによって高い問題解決能力を持つ人工物やシステムは”賢い”、あるいは”知的な”人工物やシステムとよばれます。従来、”機能”と”性能”という性質しか持たなかった人工物やシステムが”知能”を持つことで、”機能”と”性能”だけでは果たし得なかった高い問題解決能力が生まれます。

 オフィスの知的環境とは、これまで”機能”と”性能”しか持たなかったオフィスが”知能な環境”を持つことで、執務者の快適性を上げ、執務効率を高め、ストレスを軽減し、人と人のコミュニケーションを活性化し、人が自分の能力を最大限に発揮させることができる環境のことです。具体的には、人の五感に作用する照明環境、視環境、温熱環境、音環境、および匂い環境などの知的化と、人の五感を延長する情報通信環境を知的化を推進し、執務者の知的創造能力を高める環境のことです。

 知的オフィス環境推進協議会は、このような新たなオフィス環境に関して、オフィスに関わる多くの業種の皆さまの高い見識を基に業界の垣根を越えたオープンな議論を推進し、知的オフィス環境の実現と普及に向けた活動を行います。

 貴社におかれましては、本協議会に是非ともご入会いただき、次世代の知的なオフィス環境の実現と普及に貴社のお力をお貸しいただきたく、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

入会申込書

理事会員、正会員、準会員および特別会員へのご入会にに関しては、下記の入会申込書(xlsファイル)をダウンロードし、必要事項をご記入の上本部事務局(jimu-soepa@mwind.jp)まで入会申込書を添付しメールにてお申し込みください。

 知的オフィス環境推進協議会:入会申込書.xls

また、2016年度よりメール会員を新設しました。メール会員に関しての詳細は下記ページでご確認ください。
 メール会員の新設について:20160714.pdf

メール会員の入会をご希望方は事務局(jimu-soepa@mwind.jp)まで次の事項をお知らせ下さい。
 ◆企業・団体等組織名:
 ◆部署名:
 ◆役職:
 ◆氏名:
 ◆氏名ふりがな:
 ◆登録メールアドレス1:
 ◆登録メールアドレス2(任意):