ロゴ

会長挨拶


オフィスにおける執務の快適性を高めること、これはオフィスワーカーの知的生産性を高め、ストレスを軽減し、健康を増進させるためにとても大切なことです。

明るすぎる、あるいは暗すぎるオフィス、明暗の差が大きいオフィス、暑い、あるいは寒いオフィス、乾燥しているオフィス、無機的で変化のないオフィス、季節、時刻、天候を感じることができないオフィス、人とコミュニケーションしずらいオフィス、お茶やコーヒーが飲めないオフィス、私物持ち込み禁止のオフィス、色彩のないオフィス、騒々しいオフィスなど、執務に支障をきたすオフィスでは長い時間にわたって良い仕事をすることができません。

最も重要なポイントは、照明、空調、音環境、視環境など、自分の主積む環境を、執務の内容や自分の好み・気分に合わせて変化させることができる環境の可変性です。

知的照明システムは、天井照明器具だけで個人の執務環境における光の色や強さを自由に変えることができ、執務の快適性を高めることができる新しい個別分散照明最適制御システムです。

このシステムは、照明制御に関する基盤となる技術をオープンとし、各企業の相互接続性を確保し、その上に各社の独自の技術を積み上げ、種々のニーズに対応できる照明環境を創造することができるシステムです。

また、知的照明システムは、照明のみならず、空調やスマートフォンなど、種々の周辺技術と融合し、オフィスの照明環境、温熱環境、音環境、視環境など、種々の物理的環境と情報・通信環境を統合的に進化させ、オフィスにおける執務者の執務快適性を高め、ストレスを軽減し、健康を増進させ、それと共に著しい省エネルギー性を実現することができます。

皆様には、是非、この知的照明システム推進協議会にご入会いただき、知的照明システムを基盤として、新しいオフィスの環境を実現させていただきますよう、なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

2012年1月

会長 三木光範